ABOUT US

設立の経緯

日本綜合医学会は、明治の食医・石塚左玄が創始した「食養」の思想を継承するため、1954年に東京大学名誉教授・二木謙三博士(文化勲章受章者)を初代会長として設立されました。
「食養」は食物修養の略で、食物の選び方、食物のいただき方を「食養道」ともいわれる規範に則って実践することにより、心身の修養を行う方法で、その結果健全な心身を得ることができるとする思想のことです。
食の選択原理は、
 

  1. 食本主義
  2. 穀食主義
  3. 身土不二の原理
  4. 一物全体食の原理
  5. 陰陽調和論

 
日本綜合医学会は設立以来60年余、食養の理念にもとづき、玄米・野菜・豆類・少量の魚を中心とする伝統的な和食を望ましい食として推奨、普及に努めてまいりました。

ABOUT US

日本綜合医学会の理念

日本綜合医学会は、食養の理念を基本としてさらにいくつかの理念を打ち出し、その実現に向けて努力しています。
 

  1. 正しい食によって疾病を予防し、健康をつくり維持することができると考えます。この未病の医学(食による予防医学)を医療の基本としています。
  2. 正しい食とは、食養にもとづきわが国の伝統をふまえた、玄米を中心とする植物食であると主張しています。また動物性食品を排することにより生活習慣病を遠ざけるだけでなく、世界の食糧危機や環境破壊の抑制に貢献できると提言いたします。
  3. 少食は健康・長寿につながるものと主張しています。また少食は食物(自然の恵み)や生産者に感謝し、食物を粗末にしない思想につながるものであり、食をいただく際の基本であると考えます。
  4. 東洋医学の全人医療の思想をベースに、西洋医学を組合せて健康回復を図るよう努めています。療術を医療の一環として正しく評価し、その活用に努めています。
  5. 良い土から作られた健全な食物を食べることにより、健康が維持、向上します。すなわち医(健康)・食・農はつながっていると考え、良い土つくりを基本とする農業を重視、応援いたします。

 
これらの学会の理念・方法は、東京大会や関西大会等で発表し、市民に理解、協力を訴えています。

ABOUT US

学会の目的

日本綜合医学会の理念は、定款第3条に「目的」として次のように述べられています。
(目的)
第3条 この法人は、医・食・農・水についての古今東西の良識叡智を集め、国民に対して食を基本とした疾病の予防を実現するため、総合的な医学・医療に関する研究と普及及び人材の育成を図ることで、国民の健康の開発と増進に貢献することを目的とする。

ABOUT US

運営・活動状況

  • 本部の他、関西支部、九州支部、四国支部、北海道支部が組織化されています。
  • 7つの委員会を作り、学会活動の推進を図っています。
  • 食養学院と名づけた通信教育システムを開始し、玄米・食養を中心とする正しい食生活を理解して、世に広めるための人材の育成を行っています。
 

ABOUT US

理事長ご挨拶

 

理事長就任にあたりご挨拶

7月大阪で開催された理事会にて正式に理事長に選出されました。一大決心をもって拝命することにいたしました。理事長としての責任と重要性を強く感じています。62年の歴史ある会に内容を見定めた時、先人に安心していただける会の方向性と、初の女性理事長として努力していく覚悟でございます。そのために取りくむ要項は多々あります。いわゆる抜本改革をご協力頂きながら進めて参ります。
 

西日本豪雨災害のお見舞い

暑中お見舞い申し上げますとともに、あわせて西日本豪雨災害に合われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。日本人の心、ボランティアがたくさん当地に入り援助している敬意を評すとともに、お互いさまの協調の心が残っている事に力強さを感じます。
年々暑さが加わる地球環境、これから先が思いやられます。昔と比べてみると近年私達の生活が便利、快適、早さ他、経済路線に一直線のように走ってきた結果とも考えられます。
 

特定非営利活動法人日本綜合医学会
理事長 安岡冨士子

ABOUT US

会長ご挨拶

 

会長就任にあたりご挨拶

本年7月に大阪で開催されました理事会にて、会長に選任され就任することになりました。長い歴史と輝かしい伝統をもつ日本綜合医学会の会長職を務めさせていただくことは、私にとって大変光栄なことでございます。理事等の全役員、事務局職員の御協力を得て全力を尽くす決意でおります。会の皆様のご支援、ご理解を心からお願いいたします。
 

特定非営利活動法人日本綜合医学会
会長 山口康三

ABOUT US

役職紹介

平成30年4月1日更新

歴代会長
 

初代会長

二木 謙三
医学博士(故人)

二代目会長

林 仁一郎
医学博士(故人)

三代目会長

杉 靖三郎
医学博士(故人)

四代目会長

沼田 勇
医学博士(故人)
永世名誉会長

五代目会長

甲田 光雄
医学博士(故人)
名誉会長

六代目会長

種ヶ島 永宝
医学博士(故人)
食養学院名誉学院長 名誉会長

七代目会長

渡邊 昌
医学博士
(社)生命科学振興会理事長

 
歴代理事長
 

初代理事長

中川 雅嗣
断食・食養の指導者(故人)

NPO法人初代理事長

中嶋 常允
前農業科学研究所所長 理学博士(故人)
最高顧問

二代目理事長

岩崎 輝明
前(財)北海道・食と健康財団理事長、前(株)玄米酵素代表取締役 (故人)
名誉理事長

三代目理事長

杉山 親嗣
日本パック(株)代表取締役

四代目理事長

山口 康三
食養学院長、回生眼科院長、日本眼科学会専門医、日本東洋医学会漢方専門医

五代目理事長

箕浦 將昭
前九州支部支部長、(株)健将 代表取締役

 
名誉役員
 

名誉会長

種ヶ島 永宝
食養学院名誉学院長、種ヶ島共立医院院長、医学博士(故人)

最高顧問

中嶋 常允
前農業科学研究所所長 理学博士、(NPO法人 初代理事長)(故人)

名誉理事長

岩崎 輝明
前(財)北海道・食と健康財団理事長、前(株)玄米酵素代表取締役(故人)

 
理事
 

理事長

安岡 冨士子
四国支部支部長、話し方・生き方教室主宰、(指)

副理事長

古越 裕章
キッスビー健全食(株)代表取締役

副理事長

杉山 親嗣

日本パック(株)代表取締役、(指)

会長

山口 康三
食養学院長、回生眼科院長、日本眼科学会専門医、日本東洋医学会漢方専門医

副会長

島村 善行
島村トータル・ケア・クリニック院長、医師、医学博士

副会長

芦刈 伊世子
あしかりクリニック院長、医学博士、(指)

副会長

吹野 治
ふきのクリニック院長、医師、医学博士

理事

伊東 修
食養学院副学院長、教授

理事

井上 明
食養学院副学院長、教授、(株)玄米酵素、鍼灸師

理事

岩崎 謙司
北海道支部事務局長、(一社)北海道健康医療フロンティア専務理事 事務局長、(指)

理事・顧問

王 瑞雲
東 診療所(小児科・漢方内科)所長 医師、(指)

理事

大杉 幸毅
食養学院副学院長、教授、血液循環療法協会会長、大杉治療院院長、鍼灸・あ・マッサージ師、健康科学博士、(指)

理事

熊代 維勢子
東海支部支部長、(指)

理事

小山 登
全国健康むら21ネット代表

理事

笹森 俊夫
多摩支部支部長、㈱パラディアム代表取締役

理事

島田 修
(株)エス・エフ・シー代表取締役

理事

高木 幸江
三井温熱(株)代表取締役

理事

高橋 和子
ニックBS協会

理事

道見 重信
(一財)食と健康財団理事長、(株)コーケン代表取締役社長

理事

内藤 正敏
九州支部事務局、(株)ホートク食品相談役、(指)

理事

福原 宏一
共和マリナホスピタル医局、医学博士

理事

古矢 勝
千葉支部支部長、健康円代表、 (指)

理事

箕浦 將昭
(株)健将 代表取締役

理事

矢田 美樹
(有)  矢田総合研究所代表取締役、(指)

理事

山口 薫
(有)アイヘルシー代表取締役、(指)

(指) 印:食養指導士、理事はアイウエオ順
 
監事
 
監事

狩野 土
(株)黒姫和漢薬研究所代表取締役

監事

遠藤 優一
(株)玄米酵素東京支社支社長

 
事務局
 

事務局員

宮澤 久美子

吉田 喜一

ABOUT US

日本綜合医学会の所在地

名称

特定非営利活動法人 日本綜合医学会

所在地

〒130-0026 東京都墨田区両国4-32-16 両国プラザビル1005

TEL

03-6902-0678

FAX

03-6902-0677

e-メールアドレス

info@npo-nsi.com

ホームページアドレス

http://npo-nsi.com/