ABOUT US

設立の経緯

日本綜合医学会は、明治の食医・石塚左玄が創始した「食養」の思想を継承するため、1954年に東京大学名誉教授・二木謙三博士(文化勲章受章者)を初代会長として設立されました。
 
「食養」は食物修養の略で、食物の選び方、食物のいただき方を「食養道」ともいわれる規範に則って実践することにより、心身の修養を行う方法で、その結果健全な心身を得ることができるとする思想のことです。
食の選択原理は、
 

  1. 食本主義
  2. 穀食主義
  3. 身土不二の原理
  4. 一物全体食の原理
  5. 陰陽調和論

 
日本綜合医学会は設立以来60年余、食養の理念にもとづき、玄米・野菜・豆類・少量の魚を中心とする伝統的な和食を望ましい食として推奨、普及に努めてまいりました。

ABOUT US

日本綜合医学会の理念

日本綜合医学会は、食養の理念を基本としてさらにいくつかの理念を打ち出し、その実現に向けて努力しています。
 

  1. 正しい食によって疾病を予防し、健康をつくり維持することができると考えます。この未病の医学(食による予防医学)を医療の基本としています。
  2. 正しい食とは、食養にもとづきわが国の伝統をふまえた、玄米を中心とする植物食であると主張しています。また動物性食品を排することにより生活習慣病を遠ざけるだけでなく、世界の食糧危機や環境破壊の抑制に貢献できると提言いたします。
  3. 少食は健康・長寿につながるものと主張しています。また少食は食物(自然の恵み)や生産者に感謝し、食物を粗末にしない思想につながるものであり、食をいただく際の基本であると考えます。
  4. 東洋医学の全人医療の思想をベースに、西洋医学を組合せて健康回復を図るよう努めています。療術を医療の一環として正しく評価し、その活用に努めています。
  5. 良い土から作られた健全な食物を食べることにより、健康が維持、向上します。すなわち医(健康)・食・農はつながっていると考え、良い土つくりを基本とする農業を重視、応援いたします。

 
これらの学会の理念・方法は、東京大会や関西大会等で発表し、市民に理解、協力を訴えています。

ABOUT US

学会の目的

日本綜合医学会の理念は、定款第3条に「目的」として次のように述べられています。
(目的)
第3条 この法人は、医・食・農・水についての古今東西の良識叡智を集め、国民に対して食を基本とした疾病の予防を実現するため、総合的な医学・医療に関する研究と普及及び人材の育成を図ることで、国民の健康の開発と増進に貢献することを目的とする。

ABOUT US

運営・活動状況

  • 本部の他、関西支部、九州支部、四国支部、北海道支部が組織化されています。
  • 7つの委員会を作り、学会活動の推進を図っています。
  • 食養学院と名づけた通信教育システムを開始し、玄米・食養を中心とする正しい食生活を理解して、世に広めるための人材の育成を行っています。
 

ABOUT US

 理事長ご挨拶

 

特定非営利活動法人日本綜合医学会

理事長 安岡 冨士子
平成31年~令和への現在

新年度を迎え、総会にて再選されて、理事長のポスト改めて責任の重大さを感じています。
当会は、全国に二つと無い組織であり、65年の歴史は、社会的崇高な立ち位置におられた先人は、初代創始者の東大医学部教授二木謙三(故)に次ぐ、林仁一郎(故)、杉靖三郎(故)会長や、沼田勇(故)、甲田光雄(故)他多くの重鎮が一役を担い引き継いで参りました。
 先人の食に対する真理は、先見の明があり、当時は異端的扱いでありましたが、現在では常識となっています。歴史としては65年ですが、実は明治時代の食医石塚左玄に端を発しています。健全な心身を維持する食は、身土不二の原理に添って、人間も一般動物生命を支える原理は同じであることを説かれています。自然に生かされ、自然に育まれる人間という生き物です。唯、人間は知恵を与えられ、喜怒哀楽と言う感情も添えられました。皆さん、人間に生まれたこと感謝されていますか。叡智を与えられた人間は、自然を大きく破壊し、地球上の生き物を食べることによって生かされています。
 その中、島国日本人に生まれた私たちは、地球上から見ると東洋の果ての島、いわゆる日本列島の自然の豊かさを食して、生命の遺伝子を形成してきた日本民族として誇れる今の一人一人が存在するわけです。
 明治、大正と過ぎる中、開国に門戸を開いた日本は、海外からの食文化が入ってきました。
石塚左玄(食医)は、日本の食を守る陰・陽の関係に基づく食養生を提言しました。明治、大正、昭和と戦争も幾多ある中で、72年前の敗戦は致命的に戦勝国アメリカ他によって、憲法も食も文化その他も塗り替えられ、伝統食の失墜につながりました。玄米や大豆、野菜等の食から、肉、牛乳、小麦ほか西洋食へと。
 結果、国内の病気は増え続けています。伴って医療費の増大は、昭和の頃の5兆円から、50兆円の増大へ、一般歳出に占める割合は、予算の半分を占めるまでの異変を呈しています。当学会の提言が今こそ、日本国民全体に広がらなければ、病気大国の汚名挽回出来ません。また、日本人類が消えるとも言われている子孫誕生の年々の減少、少子化は大問題です。
当学会は毎月、月刊綜合医学を出しています。医師団と一緒に日本人の食を正しく選び食べること、伝統食の復活こそ、全健康日本人を作るために、医・食・農の視点から提言・行動しています。新年度の4月号月刊綜合医学を是非熟読くださる事、オススメです。初回1回は、無料にて一部お送り致しますので、事務局までご請求下さい。(Tel:03-6902-0678、
Fax:03-6902-0677)。新毎月の月刊誌も1回だけは無料でお送りします。
 そして貴方も日本国民の一人として、伝統食の大切さに気づき、実行され、健康日本人づくりにお手伝い下さい。先ず会員になられて、健康日本人づくりにご協力、切にお願い致します。

 

ABOUT US

会長ご挨拶

 
 
特定非営利活動法人日本綜合医学会長
芦刈 伊世子 

日本綜合医学会は、1954年東京大学名誉教授二木謙三博士によって設立された65年続く歴史ある会です。
今年5月1日より「令和」という元号になりました。その前進である幕末最期の名医石塚左玄の考える食養から続いているとすると、
感慨深い歴史ある食文化と思います。この歴史ある会に、この春より会長に拝命されました。現代の医療の進歩はめざましいものがあり、
癌や糖尿病、アレルギー、皮膚病、骨粗鬆症、うつ病・発達障害・統合失調症、薬物治療の大改革が始まっています。
治らなかった病気も治せる時代がきました。科学技術が進歩したことは多いに感謝します。
 しかしながら、日本は大腸がんの死亡率は世界1多く、乳がんやアルツハイマー病、アレルギーの罹患率はうなぎのぼりです。
誰も病気になりたくありません。病気にならない為には、安全な農業、水産業、養鶏など環境に目をむけることは大変重要です。
食養(食修養、食養生)は「食本主義、人類穀食動物論、身土不二、陰陽調和、一物全体食」を自然法則として、西洋化された食文化を
慎まないといけません。現在の化学的薬物療法に頼り過ぎず、民間療法、漢方、サプリメント・健康食品を研究し、
家族も自分も日本・世界中の子ども達も皆が健康になるよう教育も大事にしていくことを常に考えながらこの会の運営に協力していく所存です。
どうぞよろしくお願いします。

 

ABOUT US

役職紹介

平成30年4月1日更新

歴代会長
 

初代会長

二木 謙三
医学博士(故人)

二代目会長

林 仁一郎
医学博士(故人)

三代目会長

杉 靖三郎
医学博士(故人)

四代目会長

沼田 勇
医学博士(故人)
永世名誉会長

五代目会長

甲田 光雄
医学博士(故人)
名誉会長

六代目会長

種ヶ島 永宝
医学博士(故人)
食養学院名誉学院長 名誉会長

七代目会長

渡邊 昌
医学博士
(社)生命科学振興会理事長

 
歴代理事長
 

初代理事長

中川 雅嗣
断食・食養の指導者(故人)

NPO法人初代理事長

中嶋 常允
前農業科学研究所所長 理学博士(故人)
最高顧問

二代目理事長

岩崎 輝明
前(財)北海道・食と健康財団理事長、前(株)玄米酵素代表取締役 (故人)
名誉理事長

三代目理事長

杉山 親嗣
日本パック(株)代表取締役

四代目理事長

山口 康三
食養学院長、回生眼科院長、日本眼科学会専門医、日本東洋医学会漢方専門医

五代目理事長

箕浦 將昭
前九州支部支部長、(株)健将 代表取締役

 
名誉役員
 

名誉会長

種ヶ島 永宝
食養学院名誉学院長、種ヶ島共立医院院長、医学博士(故人)

最高顧問

中嶋 常允
前農業科学研究所所長 理学博士、(NPO法人 初代理事長)(故人)

名誉理事長

岩崎 輝明
前(財)北海道・食と健康財団理事長、前(株)玄米酵素代表取締役(故人)

 
理事
 

理事長

安岡 冨士子
四国支部支部長、話し方・生き方教室主宰、(指)

副理事長

杉山 親嗣

日本パック(株)代表取締役、(指)

副理事長

狩野 土

黒姫和漢薬(株)代表取締役

会長

芦刈 伊世子 

あしかりクリニック院長、医学博士、(指)

副会長 

山口 康三

食養学院長、回生眼科院長、日本眼科学会専門医、日本東洋医学会漢方専門医

副会長

大杉 幸毅

食養学院副学院長、教授、血液循環療法協会会長、健康科学博士、(指)

副会長

吹野 治
ふきのクリニック院長、医師、医学博士

理事

伊東 修
食養学院副学院長、教授

理事

井上 明
食養学院副学院長、教授、鍼灸師

理事

井上 信忠

柿茶本舗(有)生化学研究所代表取締役

理事

岩崎 謙司
北海道支部事務局長、(一社)北海道健康医療フロンティア専務理事 事務局長、(指)

理事

島田 修

(株)エス・エフ・シー代表取締役

理事

嶋崎 裕也

㈱アースエイド 代表取締役

理事

道見 重信
(一財)食と健康財団理事長、(株)コーケン代表取締役社長

理事

矢田 美樹
(有)  矢田総合研究所代表取締役、(指)

理事

山口 薫
(有)アイヘルシー代表取締役、(指)

(指) 印:食養指導士、理事はアイウエオ順
 
監事
 
監事

耕納 善子
(株)健康館 代表

監事

遠藤 優一
(株)玄米酵素東京支社支社長

 
事務局
 

事務局員

ABOUT US

日本綜合医学会の所在地

名称

特定非営利活動法人 日本綜合医学会

所在地

〒130-0026 東京都墨田区両国4-32-16 両国プラザビル1005

TEL

03-6902-0678

FAX

03-6902-0677

e-メールアドレス

info@npo-nsi.com

ホームページアドレス

http://npo-nsi.com/