日本綜合医学会の理念

日本綜合医学会の理念

日本綜合医学会は、食養の理念を基本としてさらにいくつかの理念を打ち出し、その実現に向けて努力しています。

  1. 正しい食によって疾病を予防し、健康をつくり維持することができると考えます。この未病の医学(食による予防医学)を医療の基本としています。
  2. 正しい食とは、食養にもとづきわが国の伝統をふまえた、玄米を中心とする植物食であると主張しています。また動物性食品を排することにより生活習慣病を遠ざけるだけでなく、世界の食糧危機や環境破壊の抑制に貢献できると提言いたします。
  3. 少食は健康・長寿につながるものと主張しています。また少食は食物(自然の恵み)や生産者に感謝し、食物を粗末にしない思想につながるものであり、食をいただく際の基本であると考えます。
  4. 東洋医学の全人医療の思想をベースに、西洋医学を組合せて健康回復を図るよう努めています。療術を医療の一環として正しく評価し、その活用に努めています。
  5. 良い土から作られた健全な食物を食べることにより、健康が維持、向上します。すなわち医(健康)・食・農はつながっていると考え、良い土つくりを基本とする農業を重視、応援いたします。

これらの学会の理念・方法は、東京大会や関西大会等で発表し、市民に理解、協力を訴えています。