第70回東京大会

日本綜合医学会 第[70]回 東京大会

テーマ  [食が人を変える~健康長寿のカギ!10年後のあなたは大丈夫?~]

  • 日時 [2016年11月3日(9:30開場・10:15開会)]
  • 場所 [アルカディア市ヶ谷(私学会館)(JR市ヶ谷駅徒歩2分)]
  • 内容 [講義]

【会員発表】

[大杉 幸毅 理事]

[チェルノブイリに学ぶーウクライナボランティア報告ー]
[10:30~]

[福島原発事故から5年、放射能被曝による健康障害はどうなのでしょう?

ウクライナでは低線量被曝地域(年間1mSV)でも健康障害があることが

「食品と暮らしの安全基準」の調査で分かりました。「血液循環療法協会」

では3年前からプロジェクトに関わった治療とセミナーの報告です。]

【講演Ⅰ】

[黒田 洋一郎 先生]

[脳発達の異常と環境科学物質汚染]
[11:00~]

[自閉症などの脳の微小な発達の異常は『引きこもり」などを含め、

ここ数十年間増加の一途で、すでに初期の人は40歳代にたっしており、

社会の受け入れも不十分で、只でさえ少子化で少なくなる労働人口を一層

少なくしている。これらの異常は脳のごく一部の神経回路(シナプス)の異常

と考えられ、多様な遺伝子の発現(働き)をおかしくする、農薬(殺虫剤)など

環境科学物質が主な原因と考えられる。]

【講演Ⅱ】

[島村 善行 先生]

[食が人を変えるーガン・認知症の臨床医の主張ー]
[13:30~]

[がん臨床医として45年。命の看取り2,700人。がんも認知症も生活習慣が

もとだから食が重要。有床診療所・在宅医療に加えて認知症対応“老健”を

開設。玄米給食を基本とする食事療法を積極的に行う]

【講演Ⅲ】

[雨海 照祥 先生]

[サルコぺニア、フレイルティと栄養]
[14:30~]

[日本の今後30年の人口統計予測によれば高齢者の人口比は着実に伸び続け、

国際社会の先頭を走り続けるとされる。超高齢社会における急務として

サルコペニア、フレイルティの対策と予防を栄養学的に考える。]

【講演Ⅳ】

[渡邊 昌 先生]

[メディカル・ライス]
[16:20~]

[コメは古くから漢方薬として使われていた。白米はエネルギー源として優れるが、

多様な機能成分を含む糠部分は捨てられている。

米機能に着目したメディカル・ライスという概念を紹介したい。]

プロフィール:医師・医学博士、食育推進議員連盟顧問、
公益社団法人生命科学振興会理事長


お問合せ先:NPO法人日本綜合医学会事務局
電話 03-6902-0678 FAX 03-6902-0677
Email info@npo-nsi.com