SHOKUYO GAKUIN

今こそ求められている食生活の正道「食養」

日本綜合医学会は昭和29年に設立され、以来60年近く、医と食と農の分野を綜合して、病気にならない医学、医療、医食同源の方法を世に広める活動を続けています。
現代日本人の食生活は贅沢を極めています。世界中から食料を輸入し、おいしいものを食べ飽きるまで食べています。動物性食品や精製・精白食品・加工食品、そして砂糖入り飲料の過剰という現代の食生活が、かつて日本人には少なかった肥満、糖尿を招き、生活習慣病の激増をもたらしていることは間違いありません。これらの食生活の誤りによる病態は、私たちがお奨めする正しい食事により予防、改善することができます。
日本綜合医学会は設立以来、石塚左玄が提唱した「食養」の理念にもとづいて、玄米、野菜、豆類、少々の魚介類を中心とした伝統的な和食を推奨して参りました。
そして平成15年、正しい食生活の基本と考える「食養」の理念や方法、伝統的和食の良さを学ぶ「食養学院」を開講致しました。私たちは、食物をカロリーや栄養素の集まりと単に見るのではなく、身を養う、心を養う糧と考えています。
生活習慣病を遠ざけるために、真の健康・長寿を獲得するための食生活の理念、方法、科学的根拠を、食養・食育に関する斬界の著名な先生方から学んでみませんか。そして、共に手を携えて、正しい食生活を世に広める活動をすすめようではありませんか。

日本綜合医学会 食養学院 学院長
山口康三

SHOKUYO GAKUIN

食養学院による学習の概要

食養学院では、通信教育とスクーリングを組み合わせた学習を行なっています。講座は基礎、中級、上級の3課程から成り、各課程を1年に1回実施致します。
基礎課程を修了すると「食養リーダー」、中級課程を修了すると「食養アドバイザー」、上級課程を修了すると「日本綜合医学会・食養指導士」の認定証が授与されます。
通信教育を主体とした学習ですので、会社勤めの方でも、家庭におられる方でも、また全国どこにお住いの方でも受講することができます。日本綜合医学会の会員でなくても受講できます(基礎課程、中級課程)。多くの皆様がご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。
 

ご自宅で学習するための通信講座教材

  • 講師著作の教材(著書テキストまたは講座テキスト)(全講座)
  • 講師著作の副読本(一部の講座)
  • 参考書(講師以外の方の著書)(一部の講座)
  • 学習カード、学習用抜粋 (大部分の講座)
  • 講師講義のDVD(一部の講座)

SHOKUYO GAKUIN

基礎課程の講座

食養に基づく日本型食生活の基本を学んでいただくコース
期間 6ヶ月(4月〜9月)
修了すると日本綜合医学会食養リーダー認定

食養の基本(五つの原理)

伊東修先生

肉食半減で8億の飢えた人々を救おう、他

井上明先生

綜合医学と医食同源

医師山口康三先生

伝統食の復権

和久昭夫先生

自然流食育のすすめ

医師王瑞雲先生

じょうぶな子どもをつくる食事

幕内秀夫先生

一家の食医になるために心と体の元気を守る家庭の名医

川越牧子先生

子どものための自然療法

医師王瑞雲先生

自然治癒力を高める生活

医師福原宏一先生

免疫と健康①

内野孝明先生

土と食べ物と健康と環境①

和久昭夫先生

健康な食物、食品の表示

若島礼子先生

自然に学ぶ共創思考

石川光男先生

玄米食養クッキング

中西雅恵先生

メタボ・糖尿病対策に理想の主食「玄米」

川越牧子先生

玄米・食養のエビデンス

芦刈伊世子先生

スクーリング①
玄米食養基礎料理実習

食養学院講師陣
中西雅恵先生

スクーリング②
講義・座禅・討論会・分科会・懇親会

食養学院講師陣
日本綜合医学会理事有志

※カリキュラムは変更になる場合もあります。

SHOKUYO GAKUIN

中級課程の講座

食養の理念、知識、実践法を本格的に学んでいただくコース
期間 7ヶ月(3月〜9月)
修了すると日本綜合医学会食養アドバイザー認定

食養の実践

伊東修先生

少食平和論

井上明先生

和食、正食そして生菜食

医師福原宏一先生

食事改善で真の健康を作る

井上明先生

発酵食品、発酵と人間

小泉武夫先生

健康のための食生活 栄養素とその生理作用

西牟田守先生

食事崩壊と心の病

大澤博先生

玄米・自然食の栄養学

川越牧子先生

玄米のすばらしい効用

医師山口康三先生

笑いと食と健康と

医師昇幹夫先生

免疫と健康②

内野孝明先生

家庭のための自然療法

山本玲子先生

土と食べ物と健康と環境②

若島礼子先生

食養の系譜と日本綜合医学会の歴史①、③

仙石紘二先生

手術後の食事のあり方

田澤賢次先生

食事の向こう側にあるもの

和久昭夫先生

からだを健康に保つためのしくみ

和久昭夫先生

スクーリング①
玄米応用食養料理実習

食養学院講師陣
上条貴子先生

スクーリング②
講義・討論会・分科会・懇親会あるいは
日本綜合医学会関西大会講演聴講

食養学院講師陣
日本綜合医学会理事有志

※カリキュラムは変更になる場合もあります。

SHOKUYO GAKUIN

上級課程の講座

食養の真髄を学び世に広める指導士を養成するコース
期間 7ヶ月(3月〜9月)
修了すると日本綜合医学会食養指導士認定

自然則に随った生き方を

医師山口康三先生

健康養生法

医師福原宏一先生

ソフト断食と玄米植物食

藤城博先生

食物・野菜の機能

篠原和穀先生

穀物・種子の発芽と栄養

茅原紘先生

人の体の仕組みと健康

医師山口康三先生

免疫と健康③

内野孝明先生

生活習慣病と予防法

医師吹野治先生

玄米で認知症予防

医師芦刈伊世子先生

食品と暮らしの安全を守る

小若順一先生

土と食べ物と健康と環境③

和久昭夫先生

食品の栄養・健康表示と医薬品ならびに医療・施術について

和久昭夫先生

<沼田勇>食と禅

伊東修先生

食養と目の綜合医学

山口康三先生

<中島常允>医・食・農論

和久昭夫先生

<一瀬速>食養学と栄養学

伊東修先生・川越牧子先生

日本の伝承医術と食養ならびに各種手技療法

島田修先生・大杉幸穀先生・三井温熱療法講師陣他

スクーリング①
日本の各種農法の農場見学および農作業実習

農場スタッフおよび食養学院講師陣

スクーリング②
健康・食養・水・農・医・環境等に関する
綜合講義および討論会・懇親会

食養学院講師陣
日本綜合医学会理事有志
特別講師陣

※カリキュラムは変更になる場合もあります。

SHOKUYO GAKUIN

講師のご紹介

綜合医学と医食同源


日本綜合医学会会長・ 食養学院学院長・教授・回生眼科院長 
医師 山口康三先生

生活習慣病と予防法


日本綜合医学会副会長・ふきのクリニック院長・医学博士
吹野 修先生

玄米・食養のエビデンス


日本綜合医学会副会長・あしかりクリニック院長・医学博士
芦刈伊世子先生

子供のための自然療法


日本綜合医学会理事・本学会顧問・東診療所・所長
王瑞雲先生

自然治癒力を高める生活


日本綜合医学会理事・教授・マリナーホスピタル・リハビリテーション科 医師・医学博士
福原宏一先生

玄米・自然食の栄養


自然食料理研究家・指導家・管理栄養士
川越牧子先生

SHOKUYO GAKUIN

各課程受講料

 

 学習課程 一般受講料(早割) 会員受講料(早割) スクーリング参加費
基礎課程 69,000円(66,000円) 60,000円(57,000円) 25,000円
中級課程 77,000円(74,000円) 68,000円(65,000円) 22,000円
上級課程 68,000円(65,000円) 45,000円

 

  • スクーリング費用は予定です。
  • 上級課程は会員のみ受講する事が出来ます。
  • 早割は2月末日までに申し込まれた方が対象です。