食養の五大原則・身土不二とは?

身土不二とは?

身(からだ)と土(土地)は、二つならず。
つまり、からだとその人の生まれ育った土地(環境)は切りはなすことのできない一心同体であるということです。その人のからだは、生まれ育った土地の環境や、そこでできた食物で作られています。人間の生理は、その土地の環境(食べ物も含めて)に順応していくものです。寒い土地でとれた作物は、自然とからだを温める作用をするものが多く、逆に暑い土地でとれた作物は、からだを冷すものが多い。 日本の風土にあった食べ物であると同時に鮮度が良い。鮮度が良いということは、その食べ物の生命力が強く残っているので、それを食べる人にも強い生命力を与えます。
shokuyou2_img_3